リアルタイムランキング第1位 (18:15 現在)

貧血の治し方まるわかり | 貧血サポートラボ

鉄分補給は食べ物がベスト? それともサプリメントから?

iron_supply_2676_eyecatch

貧血を改善するための方法は「サプリメント」「鉄剤などのお薬」「自然な食べ物」などがよく知られています。

それぞれに良い部分も悪い部分もありますから、自分にあった方法を見つけたいですね。

貧血を改善するために、鉄分を補給する代表的な方法として「鉄剤などのお薬」「サプリメント」「自然な食べ物」があります。

それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

自然な食べ物での鉄分補給

iron_supply_2676_01

バランスのとれた食事であれば、エネルギー1000kcalの食事あたり、5〜6mgの鉄分をとれると言われています。

ところが、バランスが悪かったり、外食やコンビニ食が続いたり、ダイエットで食事の量や種類、回数などが少なくなると足らなくなりがちです。

自然な食べ物:メリット

通常の食事で補給する鉄分には副作用がありません。

また、食べ物からの鉄分補給で「鉄分を摂りすぎる」ことはまずありません。

自然な食べ物:デメリット

食べ合わせや、体の状態によっては鉄分の吸収は異なります。

ただやみくもに鉄分が豊富な食べ物を摂れば良いというわけではありませんので、鉄分の吸収に関するある程度の知識が必要です。

鉄剤などのお薬での鉄分補給

iron_supply_2676_02

治療に使われる医薬品のことをいいます。

薬局などで売られているものもありますが、病院で治療として使われる鉄剤の方が改善には効果的です。

鉄剤などのお薬:メリット

自然な食べ物やサプリよりも多くの鉄分を含む治療薬なので、貧血の改善に大きく期待できます。

鉄剤などのお薬:デメリット

胃が痛くなったり、ムカムカしたりなどといった副作用の可能性がります。病院に行く手間やコストもデメリット。

サプリメントでの鉄分補給

iron_supply_2676_03

サプリメントはたくさんの種類があります。

栄養が食事だけでは足りない場合、補助的な位置づけで使われます。

サプリメント:メリット

毎日の食事ではとりにくい成分が手軽にとれます。

サプリメント:デメリット

飲み過ぎることで、栄養が偏る場合があります。

他の薬を飲んでいる場合は、飲み合わせに注意が必要です。

鉄剤とサプリメントは過剰摂取に注意!?

iron_supply_2676_04

鉄剤やサプリメントは食べ物よりも多くの鉄分を吸収します。

そのため、肝臓や腎臓、心臓などにも、過剰に貯蔵されてしまう可能性があります。

そうなると胃や腸などへ負担がかかってしまい、胃がムカムカする・吐いてしまう・下痢・腸が傷ついてしまうなどといった事にもなりかねません。

また、とりすぎた場合は体のさまざまな部分にたまってしまい、皮膚の色が変わってしまう色素沈着などをおこします。

また、血管・脳・肝臓・すい臓など、いろいろな臓器にダメージを与えます。長く続くと、血管の病気や肝硬変、糖尿病などにつながりやすくなります。

鉄剤やサプリメントで改善を目指す場合は、「1日に必要な鉄分の量』を確認して、とりすぎに注意しましょう。

▼自然な食べ物で手軽に鉄分補給できる方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう