リアルタイムランキング第1位 (14:01 現在)

貧血の治し方まるわかり | 貧血サポートラボ

小球性貧血ってなんのこと?

amall_anemia_eyecatch

日本人にもっとも多い「鉄欠乏性貧血」は、小球性貧血というものに分類されます。

小球性貧血とは何なのでしょうか?

それを知るには、貧血の検査項目について、いくつか理解する必要があります。

まずは、一般的な検査項目から見ていきましょう。

貧血の検査について

small_anemia_3225_1

健康診断などで行われる、一般的な血液検査で調べられる、貧血に関連する項目は、以下の3つです。

  1. 赤血球数
  2. 血色素量
    (ヘモグロビンの量)
  3. ヘマトクリット
    (血液中に占める血球の体積の割合。ほぼ赤血球の体積比と等しい)

これらの数値によって貧血が疑われた場合、さらに詳しい検査が行われます。

貧血の種類を特定するにあたり、赤血球のサイズが関わってくるのです。

赤血球の大きさの調べ方

貧血には、原因ごとに種類があります。

最終的にどの種の貧血なのかを特定するにあたり、様々な血液検査の項目が確認されますが、

▼貧血の検査項目について

その中で、赤血球の大きさも、貧血の分類するまでの大きな指標。

赤血球にサイズによって、考えられる貧血が特定されるからです。

赤血球の大きさと貧血の分類

ヘマトクリット(血液中の血球の割合)を赤血球数で割ると、赤血球の大きさの平均が分かります。

この数値をMCV(Mean Corpuscular Volume)といいます。

MCVの基準値は男女によって異なりますが、

血液検査の基準値について

MCVが基準値に収まっている場合、つまり、平均的な赤血球の大きさには異常がない場合の貧血を「正球性貧血」と言います。

文字の通り、赤血球のサイズは正常である貧血です。

基準値を下回る場合は、赤血球のサイズが正常よりも小さい貧血という意味で、「小球性貧血」と呼ばれます。

基準値を上回る場合は、赤血球のサイズが正常よりも大きい貧血という意味で、「大球性貧血」です。

鉄欠乏性貧血は小球性貧血

small_anemia_3225_2

小球性貧血は、体内の赤血球が少なくなり、赤血球をたくさんつくろうとするものの、何らかの理由で完全な赤血球をつくることができず、赤血球のサイズが小さくなっている状態です。

繰り返しまずが、日本人にもっとも多い「鉄欠乏性貧血」は、小球性貧血に分類されます。

赤血球の役割は酸素の運搬。

その中心的な役割を果たすのはヘモグロビンです。

ヘモグロビンは鉄分を材料としています。

ですから、鉄分が十分に摂取できていなければ、赤血球1つあたりの鉄分量を減らして、何とか赤血球だけは維持しようとします。

その結果、赤血球は小さくなってしまうのです。

さいごに

ここでは小球性貧血についてご紹介いたしました。

貧血とは、血液が薄い状態のことを言いますので病名ではありません。

ヘモグロビンが少なくなる原因はさまざまで、原因ごとにそれぞれ病名がさだめられています。

大切なことは、貧血=鉄分不足と勝手に決めつけず、その原因をしっかりと特定してもらうことです。

参考文献

  • 「貧血大国日本」山本佳奈著 光文社新書
  • 「赤血球の形態異常」広島市医師会だより(第559号付録)
  • 「36.貧血」日本臨床検査医学会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう