リアルタイムランキング第1位 (16:02 現在)

貧血の治し方まるわかり | 貧血サポートラボ

起立性低血圧を根本的に予防する2つの方法

stand_dizzy_prevention_2739_eyecatch

ここでご紹介するのは起立性低血圧の予防に関する内容です。

頻繁に起こる頭痛や、「なんだか気を失ってしまいそう…」といったフラフラめまいの対策にぜひお役立てください。

また、原因や起きた時の対処法についても別の記事でご紹介していますので、合わせてご参照ください。

▼起立性低血圧の原因に関する記事

▼起立性低血圧が起こりやすい状況と対処法

起立性低血圧の予防法

stand_dizzy_prevention_2739_01

これから、起立性低血圧の予防についてご紹介いたします。

起立性低血圧は、最悪の場合「失神」にもつながるので大事故にもつながりかねません。予防につながるケアを知っておくことは、事故を未然に防止するためにも重要なことです。

根本的な2つの予防法

stand_dizzy_prevention_2739_02

頭痛やめまい立ちくらみといった起立性低血圧によって起こる症状。

その根本的な予防法を2つご紹介します。

ストレスケア

stand_dizzy_prevention_2739_03

本来であれば、急に立ち上がったりしたときでも、脳への血液が不足しないように、自律神経が血圧の調節をしてくれています。

自律神経が乱れる原因の代表的なものはストレスです。

ストレスをうまくケアすることは、根本的な原因に対しての対策とも言えます。

「今の生活にストレスは感じていないけど…」そんな人でも知らず知らずに感じているものです。

ストレスケアとは、「ストレスを受けないようにする」ということではなく、ストレスによるダメージをリフレッシュできるかどうかです。

▼具体的なリフレッシュ方法について

女性は鉄分を積極的に

stand_dizzy_prevention_2739_04

私たちがストレス受ける要素はたくさんありますが、その中でも「なんだかイライラする」「落ち着かない…」などといった精神的に不安定な状況から受けるストレスはとても大きいです。

私たちの精神(こころ)のバランスを保ってくれているのは、

  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン
  • セロトニン

といった神経伝達物質です。

これらが互いにバランスを取り合うことで、私たちの精神のバランスを整えてくれています。

しかし、鉄分が不足することでこのバランスがくずれてしまい、精神に悪い影響を及ぼすとされています。

▼<鉄分と精神(こころ)の関係はこちらで詳しく

とくに月経のある女性は、80%以上で鉄分不足といわれているため、ストレスを感じやすいとも言われています。

鉄分は日本人に不足しやすいものの代表。積極的に摂取することで精神が安定し、その結果ストレスも軽減されることで、起立性低血圧の根本的な対策につながります。

▼効果的に鉄分が摂れるフルーツ

さいごに

脳貧血の原因はさまざまですが、多くの場合でストレスによる自律神経の乱れが原因ともいわれています。

私たちの精神をコントロールするために必要なものとして近年注目されているのが「鉄分」。

起立性低血圧による脳貧血の予防のためにも、積極的な鉄分摂取をおすすめいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう